北海道の田舎町から日々のおいしいもの、おいしいことを全国に発信   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京極歩こう会
 晴天の23日、親子三代で京極町の歩こう会に参加し京極町の町営牧場を6km歩いてきました。結に栄子ばあちゃん、ぱぱ、ままが参加です。町の中心から8kmぐらい離れた町営牧場は知る人ぞ知る京極の穴場の景色で200度の大パノラマでした。
 馬の背を歩くのですが外国に来た気分です。
羊蹄山.JPG


 尻別岳の景色もよい景色です。
尻別岳

馬の背


参加したちびっこたち。結も頑張って2㌔は歩いていました。頑張った!えらい!(4㌔はパパダッコでしたが・・・・・。)ママは6㌔快をおんぶした。一番えらい!
ちびっこ


 途中、ザリガニや野鼠、山葡萄、にんじん畑などがあり楽しいトレッキングになりました。
ザリガニ

スポンサーサイト
きのこ狩り
 お婆ちゃんが子守をしてくれたので、夫婦で久しぶりのきのこ狩りに行きました。山に入ると、きのこは取れなくても、自然観察やひっそりとした森の雰囲気が気分転換になり新鮮な気分になれます。
 キノコを探して下を見ながら歩いていると森からの出口がわからなくなり、一瞬不安になります。しかし不思議と妻はわかっている・・・・方向感覚は僕よりも妻のほうがかなり発達していました。ちょっと悔しかった。
 キノコを見つけたときの感動は忘れかけていた幼いときの感動に似たものがあります。

 収穫物はラクヨウ・タヌキノチャブクロ・チャナメツムタケ・ニカワジョウゴタケでした。
 ラクヨウ

 ラクヨウは味噌汁に・・・
タヌキノチャブクロ

 タヌキノチャブクロはバター炒めになりました。初めて食べたのですが、このキノコはおいしい。

 ヤマドリタケは真狩村のきのこ博士からいただきました。イタリアのポルチーニです。
 ソテーにしていただきました。傘の下の部分を口に入れるとトローリとろけて旨かった。いつか自分も取れるようになりたいです。
 きのこ博士に感謝。
ヤマドリタケ

憧れの北京ダック
 瀬戸のおじいちゃん、おばあちゃん、おばちゃんが遊びに来てくれた最終日、札幌でご飯を食べました。

 おいしいご飯は中華料理です。おばあちゃんお勧めのお店で北京ダックをいただきました。結にとってもパパにとってもはじめての北京ダック。皮がぱりっとして美味しくいただきました。

最近気づいたことなのですが・・・・・。
おなかいっぱい食べなくても良い・酔っ払いになるまで飲まなくて良い」 

特にお店では。

 思えば20代までは、お腹がはちきれんばかりに食べて、頭がくらくらするまで飲んで翌日につぶれていましたが最近は大人になりお腹八分目、お酒も一、二杯で余裕を持ってフィニッシュできるようになりました。

北京ダック

北京ダック2.JPG


お店の前で一枚。

結さん、貫禄出てきました。
女帝か?

風呂上りで・・・・
九月の第一週は妻が風邪を引きダウン、結ものどと鼻の風邪を引きダウンした。週末治りましたが旦那はヘロヘロ・・・・そのために風呂上りに快に結のパンツを間違ってはかせた。記念に一枚。

二人でパンツ.JPG


 もう一枚

二人でポーズ.JPG


 と喜んで写真を撮っていたら二週目も結は胃腸の風邪を引き再びダウンしました。ごめんねゆいちゃん、父反省。けどとーちゃんもヘロヘロでした。

 快は元気におがっています。
快熟睡.JPG

台風の後
 日本列島を縦断した台風が去りました。普段なら台風一過は晴れるのですが今回はぐずついた天気が続いています。

 台風が通過したときには既に中心気圧が1000hPaに近かったので予想に反して台風影響はなかった。風もなくブルーベリーや苗の被害が少なく良かった良かった。 
 写真は仕事帰りに撮った豆畑。いつもならバックに羊蹄山が見えますが雲がかかったままです。畑は豆や稲がきれいな色に変わって収穫が近くなっています。

豆畑.JPG

  
 日曜日、家族で羊蹄山麓をぐるっと一周してきました。ニセコ高橋牧場のシュークリームの中身が少なくなったと妻がつぶやいた。夕方には知り合いの農家さんに野菜をもらいに行きました。トマト。なす・ブロッコリー・にんじん・ジャガイモ・大根・ねぎ・かぼちゃ・トウキビ・プルーンと畑は充実していました。 
 とれたてのトマトは美味い!
トマトっ子.JPG


 最後は「帰りたくない」と駄々っ子がはいりましたが何とかなだめて帰宅しました。
 
帰りたくない.JPG


 隣村の閉店セールで買ったアトムの茶碗。懐かしいのでつい買ってしまいました。結からして見ればアトムってなーに?だろうなぁ
アトム.JPG

とうきび
北海道ヨウテイ山のふもと京極町は秋の気配が感じられる気候になりました。朝晩の気温差がこの時期最も大きいのか!朝方は13度に冷えることもあります。その朝晩の気温差が野菜のうまさを引き出すとも言われています。

 知り合いの農家さんの家に行ったところトウキビの仕分け中でした。未来と書いて「みらい」と読むとっても甘いトウキビです。その場でハネヒンをおすそ分けしてもらいました。(ハネヒンといってもそんなに悪いものではありません。)

 生でも食えるよと言われ恐る恐るその場でガブリ!みずみずしくとっても甘いとうきびを生のまま一本全部食べてしまった・・・・。

 自宅の庭先に植えたとうきびも食べごろなのか!と思い(皮に覆われた野菜はいつが食べごろなのか判断するのが難しい)まだ小さかったけれども収穫し、作品を比較しました。プロと素人の作品の違いは一目瞭然でした。
IMG_8007.JPG


 芸術的に写真を撮っても違いははっきりしています。言葉を捜して誉めるならおいらのトウキビのほうがカワイイ・・・・
IMG_8008.JPG


 ブルーベリーの畑にバークを敷き、除草や保湿に使おうと考えていながら半年が過ぎ、こりゃイカンと思い立ち近くのようてい森林組合にバーク配達のお願いに行きました。
IMG_8005.JPG
 
 木の皮のバーク、一立米で450円なり。
IMG_8006.JPG


 そして快はそろそろ寝返りを始めそうです。
寝返り.JPG

あっというまに九月になってしもた・・・・
 あっという間に九月になってしもた・・・

 結局ブログはあまり更新せず・・・・・反省したってしょうがない、こんな性格です。

 さて、暑かった八月、いかがお過ごしだったでしょうか?僕は報告書の作成と子育て、草刈に追われ何も出来ませんでした。もちろんブログの更新なんて・・・・。九月はがんばる予定です(あまり期待しないでください)。
 
 まず開拓地の様子。
 自然農法で紫蘇や枝豆、トマト、ナス、大根、かぼちゃ、スイカなどを植えてみましたが土地の力すなわち地力がないせいなのか?愛情が足りないせいなのか(後者ではないはずだ。)?まったくおがらない・・・・(成長しない)

 紫蘇は隣、近所の奥様達と一緒に紫蘇ジュースにして飲みました。
 紫蘇1.JPG

紫蘇2.JPG

紫蘇3.JPG


トマト、ナス→小さい。
 かぼちゃ→ならない
 スイカ→ カラスに食われた
 枝豆→大きくならない
 大根→根が大きくならない
 ズッキーニ→大きくならずに枯れた・・・・・
 
 以上の結果です。
 大豆から豆腐を・・・、味噌をと考えたのですが大豆もおがらないのデ収穫できない模様。雑草がクローバーならば地力がつくと推測できるのだが葦では地力はつかなかった。そのため近くの堆肥を購入することにしました。

 ブルーベリー
 3,4年生の苗は剪定の効果もあり大きな実がつきました。しかしカラスの被害があり枝や実が捥ぎ取られることもシバシバ・・・。カラスよけテープを支柱に張り巡らしたら被害は改善されました。
 挿し木にしたブルーベリー、ビッグスパルタンは発根率が低い品種のようで苦戦しています。なかなか張りませんが何とか秋までには30株生き残ってくれればありがたい状況です。
 
 子育て
快.JPG


 第二子の誕生に伴い長女の赤ちゃん返りが起こっています。気持ちはよーく分かります。母ちゃんの帰りは遅く、父ちゃんはご飯支度で忙しくあまり遊んでやらないからね。時間があるときはしっかり結に100%集中するようにします。
一畳マン.JPG


 
 まあ忙しかった八月。しかしそれでも充実した一ヶ月でした。皆さんはどんな一ヶ月だったでしょうか?
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。