北海道の田舎町から日々のおいしいもの、おいしいことを全国に発信   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月のブルーベリー
 我が家のメイン果物の木、ブルーベリー。6月に入ると花が咲きます。花がたくさんつき過ぎると、実が小さくなるので適度に花や実をつみとっています。
 
 ブルーベリーは花がかわいらしく、紅葉も綺麗で寒さに強いため北海道に適した植物じゃないかな?
ブルーベリー
ブルーベリーの花

 根元には大量のチップを敷いています。厚さは20cm以上になるぐらい敷いているのでそこにはいろいろなキノコが生えてきます。食べれそうなのですが種類が分からないため手が出せず・・・・・また、チップの中には蟻が住み着いており、きっと害虫などを食べてくれているのでしょう。
チップのキノコ

 ブルーベリーの実が8月から熟します、その前に楽しめるものとしてハスカップを植えています。ハスカップは7月中旬からたわわになるのでとても楽しめそうです。今は苗の数が少ないのと、2、3年生の木が多いので数粒食べる程度にとどまっています。そのハスカップの酸っぱいこと。
はすカップ
 
 果物たちの葉っぱには毛虫がたまにいます。この毛虫がいると葉っぱが食べられてしまうのでうかうかしていられません。天気の良い日には庭を歩き虫探しに出かけます。皮手をつけた手でブチリと処分しています。
リンゴの毛虫
イガラ虫
スポンサーサイト
6月の庭の様子
 庭の様子を紹介します。

 庭には今100株ほどのブルーベリーの苗木が植えられ、花が咲いています。大体が三年生から四年生の株でそのうち8本ほどが8年生、たわわに実をつけるのが6年目からなのでまだまだの状態です。ブルーベリーは家の庭の主力選手です。実は八月から収穫できます。
6月ブルーベリー

 七月から実をつけるのがイチゴたち、知り合いの農家さんから苗を頂き育てています。来年は苗を増やす予定。収穫の際にはようてい開拓隊のメンバーでイチゴの収穫&餅つきでイチゴ大福か何かをする予定で夢を膨らましています。(もちろん植え付けの労働もあります)
イチゴ

 畑ではカリフラワーやブロッコリー、キャベツの収穫ができました。パオパオという不織布を使ったので虫がついていなく、無農薬です。しかし、栽培中は野菜の様子が一切見えないので大きくなりすぎて食べごろを逃したりと悪いところもありました。来年は1mmのネットを使って様子をみながら栽培予定です。
カリフラワー

 林の中には知り合いの農家さんから頂いたシイタケやナメコのホダ木を置いています。しらかば林の下草をかり、キンチャヤマイグチが顔をのぞかせてくれることを期待しています。
シイタケ

 庭は2400坪あり、離農して10年ぐらいたった離農地です。10年で白樺や柳の木は大きく成長しました。柳木はほぼ全部切り倒し、自生したカラマツの幼木、ドングリから育てたミズナラの幼木、イタヤカエデの幼木などが生えています。林の中にはハンモックが常設されていて、保育園から戻った子ども達がブラブラ揺られ楽しんでいます。
2400坪、草刈はとっても大変でいつもどこかの草刈をしています。今は近くのふきだし公園の桜の木の下に種が落ちているのを拾い、育苗箱で芽が出ないかと気をナガークしてまっています。桜の花が満開になるのはいつのことか・・・・
ミズナラ
カラマツ
ゆい、かいの畑
 土日に家庭菜園をしていると子ども達が出始めた苗を踏んで踏んで・・・・怒っても子どもには雑草と苗の区別がつかないようです。父さんは歯がゆいし切ない・・・・
 
 トトロのどんぐりのシーンを思い出し、紐で区画を作り結と快の畑を与えました。家の種を箱にまとめ子供たちに見せると興味津々。大きいのから小さいのまでいろんな大きさの種を混ぜ混ぜにしたら何がなんだかわからなくなりました。そのまま勢いで畑にまきました。無事に育つと良いですね。

結はひらがなで、快はまだ字がかけないので落書きになりました。
子どもの看板
種
なんだ?

種まき
尻別川初下り
 北海道の週末は天気が良くなく、この日も雨の予報でした。先週から川下りに行こうと計画を立てていましたが中止になりました。しかし家の周りで庭仕事をしていたところ、昼から天気が回復しました。昼食後、「エイヤッ」と気合を入れて家から10分の川へ出かけました。
 快は初の川下り、結は二回目。彼女も二歳のときに父親のカヤックで一緒に川を下りました。そのときのことを覚えている尋ねても覚えておらず・・・・がっくり。子どもは覚えるのが早いけど忘れるのも早いのかな?
 今回はカナディアンカヌーで二人と下りました。これは知人からの借り物で手作りです。妻は赤いカヤックにのります。
IMG_0910.jpg

 スタート地点は堰堤から京留橋までの3キロぐらい。川の様子は写真のような瀬が比較的簡単な川です。一番危なかったことは快がこの写真の坂から転げ落ちたぐらい(左のスロープ)。ライフジャケットと帽子のおかげで軽いかすり傷ですみました。
IMG_0913.jpg

 快がカヌーの上で立ち上がったりするかな?と心配しましたが、スロープの転倒にびびったようで川下りの間は比較的静かに過ごしていました。
IMG_0915.jpg

 川岸はヤナギの木が生い茂っていて幻想的でした。
IMG_0921.jpg

 あと何回下れるかな?
地崎バラ園
 一家で6月上旬地崎バラ園に出かけました。
 大都会札幌の藻岩山の中腹にあるバラ園でバラと景色が楽しめるスポットです。知り合いが働いているので顔をちょっと出すつもりでのぞいて見たのですが・・・・バラの季節にはちょっと早かったのですが、その魅力に取り込まれてしまいました。来年に向けてガーデニングのバラゾーンを増やそうかな心が揺れ、売店で修景のバラを二株購入しました。今年は木に元気をつけるため、つぼみを取り花を咲かせないほうが良いらしいので、そのおとりにしました。来年からが楽しみです。

地崎バラ園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。