北海道の田舎町から日々のおいしいもの、おいしいことを全国に発信   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の果樹の様子
やばい、ブログ・・・・三日坊主ならず二日坊主・・・・。人生こんなものです。しかし、夕方、日中ともに時間がナインです・・・・ぶつぶつぶつ・・・・

開き直って6月の果樹の様子
6月13日に開花したブルーベリーの花は20日過ぎには実になってどんどん大きくなってきた。木の成長を頭に入れて花芽のついている枝をきったつもりだったが、剪定量が足りなかったようでした。収穫が楽しみです。
ブルーベリーの花.JPG


ブルーベリー.JPG

秋にはワインになる山葡萄。今年は収穫が期待できそうです。雨が少ないので受粉が上手くいき、赤ちゃんのブドウを見つけた。
山葡萄の花.JPG


山葡萄.JPG


家の庭では育苗で満杯です。
挿し木でブルーベリーとブドウ。
種から紫アスパラガス、グリーンアスパラガス、ラベンダー、花の種など暑くなってきたのでみんな発芽してきました。
挿し木苗.JPG

刺してから2ヶ月過ぎたブドウの枝をポットに移植しました。
葡萄の根っこ.JPG


ブドウちゃん。成功率は20%ほど。発根促進剤を使っていないからか・・・・
ポットに移植.JPG

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
発根促進剤??
 なんとなく(農薬・化学肥料を否定するわけではないけれど)、発根促進剤は使いたくないなぁ。。v-22
 オーキシンみたいなホルモンを増強するって事だと思うんだけど、商業ベースでやってる訳ではないので、まぁなるがままって感じでやってます。
 土は本(藤門さんのやつ)に載ってるようにピートモス+鹿沼土です。
2007/06/27(水) 18:34:00 | URL | たみ #-[ 編集]
オキシベロンを使えば(植物にもよると思いますが)、6~7割位の発根率は期待できるかと思います。
僕の場合は、50株程定植しないといけないので、どうしても最小限の薬は使わないとやってられないのです…(^_^;)
パッションフルーツの場合は、挿し木の時に薬を使う以外は、基本的に無農薬で栽培できる素敵な果物ですよ~
北国では育たないと思いますが…

後志のアスパラ&鈴木家のベリーやキノコ達、秋田の美味い米&地酒等々と交換しますよ~(笑)
ゴーヤやパパイヤ等も着けますぜ!先輩方!
2007/06/27(水) 21:10:32 | URL | 妹尾@沖縄 #-[ 編集]
連続の書き込み済みません…
↓50株ではなく、250株の間違いです…(^_^;)
2007/06/27(水) 21:14:04 | URL | 妹尾@沖縄 #-[ 編集]
使いたくないけど、使ってない・・・・
 発根促進剤は使ったら発根率は上がらいいね~使いたいけど使っていません。
 商売で考えるなら使用は仕方がないと思います。現在購入し育てている苗は使われている可能性はありますね。ブルーベリーは発根率が高いし、率が悪ければ挿し木の本数を増やせば解決できるでしょう。しかし、親木が少なくて挿せない・・・・・。

 消費者から言えば化学物質使ってほしくはないけど、農家の場合、生業になっているので最低限の化学物質の使用はやもおえない。実際使わなかったらやってられないでしょう。

 使用しない作物をお考えなら自家栽培が一番です。作る楽しみに食う楽しみ、あなたも、ようてい開拓隊で自然農法はいかが?妹尾君頑張って!
 
2007/06/29(金) 15:42:37 | URL | ご主人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。