北海道の田舎町から日々のおいしいもの、おいしいことを全国に発信   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青少年自然教育指導者養成事業 
 2月7日から2月10日まで三泊四日で北海道教育局主催の青少年自然教育指導者養成事業に参加してきました。 
 内容は野外教育論と体験ソフト、プログラムの企画と実演。今後、子供たちと野外体験をするのにある程度の知識が必要と思い、千葉からおばあちゃんを呼び、妻に子供を任せて初めてのお泊り研修会でした。久々の講義に脳みそが活性化し大変勉強になりました。今後のようてい開拓隊京極キッズに生かしていきます。

青少年自然体験活動指導者養成事業

イグルーを作ったり、
イグルーつくり

グループに分かれ40分のプログラムを企画し実演し、
スノーラブ

環境問題との結び付けを考えたりと・・・・朝から晩までハードな研修でした。
環境

ロウソクを使ってデコレーションキャンドルやワックスボールを作りました。
ろうそく

結のお土産にオヤバカ根性でアンパンマンキャンドルを作りました。家に帰って見せたら大喜び。「早く点けよう」の娘の一言に「もったいない」の気持ちが頭をよぎりましたが、さっそく点火。アンパンマンロウソクは良い雰囲気を演出してくれました。
アンパンマン


 一緒に参加した人々もお仕事でされたり、ボタンティアでされたりと先輩方がたくさんおり、刺激になりました。あー楽しかった。

この後、インフルエンザが一家を襲いました・・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。