北海道の田舎町から日々のおいしいもの、おいしいことを全国に発信   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルーベリー挿し木
 ブルーベリーは挿し木で増やせます。種でも増やせますが品種が掛け合わさるので苗にあたりはずれができてしまいます。それで一般的には挿し木が普及しているようです。

 雪が溶けて春になり、新芽が動き始めたころに行いました。それまで枝は-20度に耐える深い眠りについています。

 快が寝た隙を見てピートモスと鹿沼土を半々にいれ「ヤッ」と大量の水を入れてかき混ぜます。そこに15cmぐらいの長さにしたブルーベリーの枝を刺し込みます。

 人生二回目の作業。後は水を枯らさないよう、あげすぎないよう平常心で見守ります。
 
 今年の新人達。60本ほど刺しました。親木がたりなく有末さん宅にもらいに行きました。
一年生

 去年刺したもの。生存率は40パーセントぐらいでした。快の年齢です。
二年生苗

 一昨年刺したであろう物。(左上の三株)
三年生苗


 木も人もゆっくり成長するんだね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。